Posted by at

2009年07月24日

夏の思ひ出feat.カレー。

おー、はじまっとるはじまっとる。


あたいの地元、芦北町では、こうやって何年か前からカレーのキャンペーンみたいなことをやってます。
芦北産食材を使ったカレー料理(カレーライスだけじゃなくて)を、いろんなお店で創作するから、
キャンペーン期間中に食べてまわってはいよ、という具合。
毎年、スタンプラリー形式だけど、
今年は早く食べにいった者順に、町内観光施設で使えるクーポンがもらえたり、
食べてアンケートに答えるとなんかもらえたりするらしい。
(このサイトを見よ→

毎年気にはなってたけど、気にしているうちにキャンペーンが終わるんですよね。インドアなので。
なかなか地元のお店で外食ってのも機会がないし。(職業柄、飲み会の本拠は水俣市内なので)
そもそも、幼少期、レストランなどでカレーを頼もうとすると、
大人たちに「カレーなんてうちでも食える!!」と制されていたときの名残で、
外食カレーの習慣がついてないんですよねえ。

しかし、こうやって今年のキャンペーンチラシを見ると、揺さぶられますなー。
道の駅たのうらの「白いたい焼きカレー・フィーチャリングエビフライ」なんか、どストライクじゃありませんか。
フィーチャリングってあんた。
まあ中に入ってるのはカレーとエビフライだろうから、味の予想はつくんだけどさあ。



うー、腹の虫が暴動を。

ところで何で芦北でカレーなのか、というと、
むかしむかし、日本の家庭料理に「カレーライス」を普及させた料理研究家が、
芦北町(旧田浦町)の出身だそうです。
なるほどー、この人のおかげで、私の「お外でカレー」は封印されていたのですね。

あーあ、この夏の思い出づくりに、私もカレーをフィーチャリングしようかなあ。  


2009年07月06日

新築気分味わえます

土曜夜市に遊びにきてくれた、森屋のスーさん・ひろごんさん夫妻。
ひろごんさんから「これお土産です」とこんなものをいただきました。

「い草のシューキーパー」。

森屋さんのホームタウン、熊本県八代市は、畳表の「い草」の生産地で、その生産量は日本一なんですよね。
その特産品、い草を使って、靴の型崩れを予防したりにおいをとったりする「シューキーパー」を、ひろごんさんが手作りされたそうです(゚∀゚)/

手縫いの小袋の中に、い草の束が入っているそうで、なるほどその香りはまさに「新築の匂い」。新しいたたみの、あのすがすがしい香りが広がります。
「消臭効果が消えたら、中のい草は畑とかにまいとけば、勝手に土に還るよ。」とスーさん。ですよね。草ですもんね。うーんエコロジー。
そしてこれ、森屋さんの店頭(フロント?)で販売されているみたいです。特産物を使ってるし、実用的だし、八代土産にもってこいですね。

折りしもわたくし、つい先日仕事用の靴を買い換え、それまで履いていたものを、とりあえず下駄箱に隠居させている身。
ヒール部を幾度となく側溝に埋めたりと散々な目に遭わせた隠居靴へ、ねぎらいの意をこめ(また履くかもしれないし、)このい草のシューキーパーをセット。
防臭効果に一役も二役も買ってくれることでしょう。
まあ、わたくし自身は、汗をかいてもフローラルのかほりの汗をかくような女子だから、防臭とか気にしなくていいんですけどねぇ。