Posted by at

2009年08月18日

真夏の夜の飯

あー今日もやたら暑かった
夏日はかないませんなー。と帰宅したある日。

「あらおかえりー。
今日はお客さん多かったけん、なんもご飯しとらんー。簡単なのでいい?」と母上。

ええ、ええ簡単なのでも複雑なのでも何でもかまいまへん。
いつまでも養ってもろてすんまへん。

しかし今日も蒸したねーと、
扇風機にがぶり寄りで配給を待っていると、

出てきたのは


あっつあつのおうどんでした。

おいしいんですけどね。
四国の親戚が送ってくれた讃岐ですからね。
ざるでもぶっかけでもなく、あっつあつなんですよね。
おいしいんですけどね。

そしてオプションで、お客さんに出した余りのかき揚げが付いてきましたよ。
わたくし、この母上のかき揚げを、年をとるごとに美味しく感じるようになりました。
具は、ごぼうと、にんじんと、あと、ごぼうと、・・・ごぼうです。
エビだのグリンピースだのといったハイカラな具は一切無しで、
なんだか貧乏臭いシンプルなかき揚げですが、
気づくと入っている紅しょうががアクセントなのです。

今まではもふもふ食うのみでしたが、
そういえば自分ブログ書いてるんだったと思って、
「おいしーこれどうやって作るのー」と、
ネタ手配のため作り方を聞いてみると、

コイツ大して真剣じゃねーな、ま、教えたところでコイツが料理するとも思えないし、

とさすが鋭くお見抜きになったようで、

「んー、具にちょちょと味付けてねー、砂糖とか塩とかなんとか、あとはメリケン粉あーはるな愛おもしろかー。」

と、テレビご観覧中の背中を向けて教えて下さいました。

そんな母娘の熱帯夜。  

Posted by にょろ at 20:49Comments(7)雑記