2009年11月22日

千鳥足でゴー

忘年会シーズン突入です。
ということは、夜更けに油と炭水化物を摂取したくなる機会もおのずと増えるというもの。

行ってきました。あの方のブログでもおなじみのあのお店へ。


味噌ラーメンざます。煮卵うめーよ。


コーンを無駄なくそつなくいただきたい輩にはありがたい、穴あきレンゲ。

女子でも行きやすい感じのラーメン屋さんです。
味も、たとえばスープを一気飲みしても、
夜中に喉が渇いて目覚めるという心配はしなくてもいい按配。

箸袋にも小ワザが。(あの方のブログ参照)

タダ券あと1枚あるのでまた行きます。

麺屋 天道(めんや てんどう)
水俣市栄町1-6-1-1F
  


Posted by にょろ at 16:22Comments(12)水俣を徘徊

2009年11月15日

ままままま

幻の「ウインターチョコレート」!やっと逢えたね。
ある方からの袖の下でございます。

では遠慮なく。
手がふるえます。

あっ、意外とスパイシー。そしてなめらか。
ていねいな味がします。

かわいい包みの裏は「おいしいチョコレートのひみつ」。
ひみつをおしげもなく公開してあります。
乳化剤が使われていないそうです。そりゃ大変だ。

季節限定でお店に入荷しても、うかうかしてたら売り切れるという人気商品。
くわしくは、ユジーンさんのブログをどうぞ。
  


Posted by にょろ at 20:33Comments(6)姉さん、事件です。

2009年11月12日

知っとる!

きょうの熊日
  続きを読む

Posted by にょろ at 21:10Comments(5)姉さん、事件です。

2009年11月10日

セルフ御祝い

今日は、デーモン小暮閣下と、故山城新伍氏と、川島なおみと、糸井重里さんと、「ちょっと、ちょっとちょっと」って言うデカい双子の誕生日です。

そしてわたしもです。

最近リアルに2,3歳サバを読むようになっているので、
正確に何歳になったかは調べないとちょっとわかりませんが、
親も忘れてるっぽいので、じぶんで祝います。
おとなになったらなんでもじぶんでしないとね。

帰ったらエア誕生会です。
そっとしといてください。

久しぶりの更新がこんな記事なんて、
なんだかいやらしいわたしですが、
みなさんこれからも何卒よろしく。  

Posted by にょろ at 06:59Comments(13)雑記

2009年11月01日

菓子をください

きょうは、雨がガン降りする中、水俣市内を商店街の隅から隅まで、
もしくは商店街ではないところまで、ほんとうによく歩き回りました。
これをあつめるために。

水俣のお菓子屋さん12軒分のいちおしスイーツでありんす。
蜂楽饅頭とかレモンケーキとかチーズブッセとかくりまんじゅうとか恋路とかどら焼きとかカップケーキとか。
一軒一軒訪ね歩いて、くださいなと言いながらかきあつめました。

あとはあのお店が、このイベントのために特別に店内に設けたイートインスペース(厨房)で、
極上ロールケーキをいただいたり、

あのお店では「紅茶のロールケーキ」をお持ち帰りアイテムとしていただいたのですが、
それはあの靴屋の前を通りかかったとき、そこの店番をしていたわ●じに巻き上げられました。

あとは本日見かけた何コレ珍百景をおたのしみください。

全部お菓子でできてます。


全部お菓子でできてます。


全部お菓子でできてます。

てかフツーにお菓子ですけど、でかさがハンパないです。


以上、参加費1500円で12軒分のお菓子がもらえて、
500円の商品券ももらえて、
さらに日ごろの行いがよければ、湯の児の旅館の宿泊チケットとか、
エステ券とか、あの弁当に見えるお菓子とか、あのでかいロールケーキとかが当たって、
日ごろの行いがそこそこでも、
がんばればフィナーレの餅投げで何個か餅が拾えるという、
血糖値アゲアゲなイベント、「スウィーツスタンプラリー」に、
おともだちと行ってきましたよ、という話。

命令どおり作りましたよ。新聞紙バッグも。

会場に用意してあった英字新聞を使いました。
かわいー。おしゃれー。読めねー。

ところで、水俣市はきょうからレジ袋有料化がスタートします。
このスタンプラリーの会場で、
「みなさんマイバッグを持ちませう」、という啓発ポスターのモデルを、
市役所の人に依頼されました。さっすがあたい。
マイバッグに対する思いを書いたホワイトボードを胸の前にかかげて、
おともだちと二人、婿募集用スマイルでハイチーズ。
この写真は後日、水俣市内の各所に張り出されるでっかいポスターになります。
でっかいポスターの、100分の1ぐらいかそれ以下のスペースに、他の市民のみなさんの写真とコラージュされての話ですけど。  


Posted by にょろ at 19:09Comments(9)水俣を徘徊